NATROMのブログ

ニセ医学への注意喚起を中心に内科医が医療情報を発信します。

自称「摂食障害の専門家」に訴えられかけた思い出

■助産院は安全?というブログでは、ビタミンKを含むシロップの代わりにホメオパシーのレメディを投与することについての危険性を、マスコミが報じる前から伝えていた。該当するエントリーはたとえば、■ホメオパシー、レメディの問題>K2シロップの件 - 助産院は安全?である。以前は、FC2ブログであったが、最近、はてなに引っ越した。旧ブログ*1によれば、



お世話になったFC2ブログでしたが、今回、このブログに関してブログ運営会社の方に批判を受けている助産師の知人と名乗る人物から、
『名誉棄損や営業妨害で訴えるかもしれませんから、そちらの方で先になんとかしてください』
との要請が入ったそうです。
そこでブログ会社より、どうしましょうかと連絡を頂きました。
まあ、圧力ですよね。


とのことである。この件に関する考察はすでにYosyanさんが■「助産院は安全?」がお引越し - 新小児科医のつぶやきで詳しくされているのでスルーして、自分の経験を語るよ。私のブログの読者にはご理解いただけると思うが、「名誉棄損や営業妨害で訴えるかもしれません」という話は、まったく他人事ではないわけだ。その辺はわりと気を使っている。訴えられないようにではなく、訴えられても負けないようにだが。幸いなことに、これまで訴えられたことはない。安保徹氏船瀬俊介氏からは、むしろ訴えて欲しいと思っている。彼らの主張の問題点を広く知ってもらうきっかけとなるだろうから。訴えられたことはないが、「訴えるぞ」と言われたことは何度かある。これなんか、10年前だよ。





Subject:警告


メールの内容は、要するに、「お前のホームページは、名誉棄損に当たるホームページにリンクしている。削除しないと名誉棄損のほう助として法的手続きをするぞ」というもの。摂食障害回復センターの主張する、「名誉棄損に当たるホームページ」とは、精神科医の先生がつくった■摂食障害治療をうたう悪徳ビジネスのことであり、削除を要求された私のサイトは■摂食障害、拒食、過食の無料相談に対する注意である。

きっかけは、ヤフー掲示板で、摂食障害の自称専門家が、自分のサイトの宣伝をしていたことから。自称専門家は医師免許はもちろん、医療系の資格は持っていなかったようである。最初は電話や掲示板での「無料相談」であるが、そこから有料相談へと誘導する。30万円とられたという事例や、セクハラまがいの「治療」が行われたという書き込みもあった。詳しくは、■摂食障害治療をうたう悪徳ビジネスを参照のこと。

自称専門家は、掲示板ではツッコミに耐えられずに撤退したが、複数のサイトを立ち上げて勧誘を続けていた。これに対抗するために、サイトを立ち上げた。今だったらブログを書いたり、ツイッターでつぶやいたりするのだろうが、当時は「ホームページ」をつくるのが主流だった。サイトを立ち上げて1年ちょっとしたら、自称専門家から、上記引用した「警告」のメールが来た。わざわざ警告するところをみると、私のサイトも少しは効果があったのだろう。

返事は出さずに放置した。裁判になったら面倒ではあるが、負けるとは思えないし、裁判になったらなったで注意喚起になってよかろうと考えたのだ。それきり音沙汰なく、別に法的手続きはされなかったようである。自称専門家は2004年に、脱税したとして所得税法違反容疑で逮捕された。hotsumaさんがまとめていた→■EDkenさんのアレ。 - ホツマツ○ヱ。。EDkenさんというのが自称専門家のハンドルネームである。

もうさすがに活動していないだろうと思ったが、今探してみたところ、「摂食障害の在宅無料相談*2」のページは生きていて、ツイッターもしていた*3。びっくり。


*1:URL:http://megalodon.jp/2010-0722-1016-39/jyosanin.blog78.fc2.com/blog-entry-416.html

*2:URL:http://www011.upp.so-net.ne.jp/edc/index.html

*3:URL:http://twitter.com/soudancenter/