NATROMのブログ

ニセ医学への注意喚起を中心に内科医が医療情報を発信します。

日常

『ワールドトリガー』再開を祝って福岡市の玄界島の魅力を紹介します

週刊少年ジャンプにおいて、長らく休載されていた『ワールドトリガー』の連載が再開しました*1。ワールドトリガー 19 (ジャンプコミックス)作者: 葦原大介出版社/メーカー: 集英社発売日: 2018/12/04メディア: コミックこの商品を含むブログを見る『ワールド…

SNSのせいで落語を楽しめない

私は桂春蝶師匠(3代目)の落語が好きだ。上手い下手、良し悪しを判断できるほど落語を聴きこんでいないので、この記事で語るのは私の主観による好き嫌いの話である。初めて聴いた春蝶師匠の噺は、私の記憶が確かなら、『看板のピン』である。落語は同じ演目…

「ニセ医学」本が発売になりました

『■ 「ニセ医学」に騙されないために』が本日発売になりました。すでに、さまざまなご意見、ご感想をいただいています。本当にありがとうございます。見本は出版社からいただきましたが、本屋で売っている現場をまだ見ていません。通勤途中の本屋に一軒だけ…

「河内藤園」で藤のトンネルを見てきた

連休中に北九州の河内藤園に行ってきた。藤だけで22種類。藤のトンネルが一番の見どころである。さまざまな色の藤により美しいグラデーションとなっている。 藤のトンネル ウェブでも多くの写真を見ることができる→■河内藤園 - Google 検索 トンネルだけでは…

ローレンツと体罰

『体罰は教育です!』『子供には「体罰を受ける権利」があります』と主張する、「体罰の会」というサイトに、コンラート・ローレンツに関する記載があった。 ■**体罰の会** 水が高いところから低いところに流れるように、学級生徒の中に怠惰な者がいて、それ…

カラフトシシャモのオスは美味い?

,j;;;;;j,. ---一、 ` ―--‐、_ l;;;;;; {;;;;;;ゝ T辷iフ i f'辷jァ !i;;;;; シシャモにはオスが無い・・・ ヾ;;;ハ ノ .::!lリ;;r゙ `Z;i 〈.,_..,. ノ;;;;;;;;> そんなふうに考えていた時期が ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',. ,f゙: Y;;f. 俺にもありました ~''戈ヽ `二´ r…

ホメオパシージャパンのクレジットカード決済中止について

ホメオパシージャパン株式会社のウェブサイト*1によると、クレジットカード決済が中止になったとのこと。ホメオパシージャパンの主張によれば、加盟店解除の理由は以下の通りである*2。 2011年9月8日、株式会社JCBより突然、加盟店契約解除の連絡を受け、12…

震災前後でがん保険料は変わったか?

「原発事故後のガンの発症率が上がったので、ガン保険の売り止めがかかってる」というツイートが流れてきた。既に100人以上にRTされている。 この話が仮に事実だとすると、会社内でも営業部長職以上でないと知りえないような情報を、ツイッターで8万人以上に…

(雑件)医師向けの雑誌に医学とまったく無関係な質疑応答が載る理由は?

日本医事新報という雑誌がある。お医者さん向けの雑誌だ。この雑誌の質疑応答というコーナーが、ときに面白い。医師向けの雑誌であるからして、質疑応答の多くは医学に関するものである。たとえば、「慢性咳嗽への吸入合剤処方の注意点」とか「軟骨再生の概…

差別を許容するコスト

「避難してきた被災者の車が、いわき市のナンバープレートをつけていたため、近所からクレームがついた」といった話は聞いていた。車についた「放射能」を恐れたのであろう。困ったことであるが、不安に駆られて、そういう行動をとる人がいても仕方のないこ…

ファインマンさんが若者たちのやる気を引き出した方法

「リーダーが部下のモチベーションを上げる方法」のようなエントリーは、わりとブックマークを集めるようだ。そういう情報を必要としている人がいるのだろう。特殊な事例ではあるが、ファインマンが部下のやる気を引き出した方法を紹介しよう。ファインマン…

そんな餌で大丈夫か?人工イソメを使ってみた

ふと気付けば、医学関係の記事ばかり書いている。昔は、魚を釣ったとか、つくしを摘んだとか、日常のことについてもわりと書いていたもんだ。なので、今回は、夏休みに人工イソメを使った話をする。みなさんは、人工イソメをご存じか。こんなのだ。 生分解性…

ホメオパスになるためのコスト

ホメオパシーによる被害者は、レメディによる治療を受けた人だけではない。ホメオパス自身も被害者となりうる。ホメオパシージャパンの関連団体にホメオパスを養成する学校がある。学長は由井寅子氏だ。 ■ホメオパシー統合医療専門校 カレッジ・オブ・ホリス…

HIVキャリアを理由に看護師を解雇することは正当か?

あなたは、ちょっぴりロリータ風味の2次元エロ同人誌をささやかな趣味として楽しんでいる成人男性だとしましょう。現実に被害者が存在する児童ポルノには手を出さないし、興味もありません。当たり前のことですが、現実の未成年の女の子に手を出すつもりもあ…

毎日新聞の石田宗久記者が良質な記事を書いている件

■問題点の概観:Chromeplated Rat経由で、毎日新聞まいまいクラブの「代替医療は玉石混交」という記事を知った。代替医療は玉石混交であり、「事実上、野放し」になっている点を批判的に紹介している。2006年、つまり、4年前の記事であるが、民主党政権が代…

柚子にょろ

■シートベルトは死亡を防がない? ニセ科学を見抜く練習問題シリーズのコメント欄がパンクしたようです。ご希望の方は、このエントリーのコメント欄で続行してください。それはそれとして、伝統的に、コメント欄がパンクしたときには、ネタ画像を載せること…

吉村医院の哲学

以前、■信仰と狂気〜吉村医院での幸せなお産で言及した吉村医院が取り上げられると聞いて、2010年2月7日の「エチカの鏡」というテレビ番組を視聴した。吉村医院は自然分娩を行う産科医院で、番組内では好意的に取り上げられていた。自然分娩という選択肢があ…

俺の猫フォルダが火を吹くぜ

■ねことニセ科学(とらねこ日誌) ニセ科学批判の人に猫好きって多い気がする。(個人の印象に基づくダメダメ言説) ■ニセ科学批判猫系自己投影型(とらねこ日誌) ☆もしかして・・・ NATROM様 何?私が猫好きか…だと?見てわかんない? 名前はシャム…

消費生活センターのリーフレットにクマー登場

本日の朝日新聞の地方面より。 2009年11月10日の朝日新聞朝刊より引用 記事によれば、『同センターでは啓発に使える予算が限られており、新しいキャラクターを作ると当たりはずれが大きいため、安く若者にアピールする方法はないかと若い職員にアンケートを…

マンガやアニメでの喫煙シーンの是非

平成18年に、日本禁煙学会は、漫画およびテレビアニメ「NANA」の「目に余る喫煙描写を直ちに止めることを要請」した*1。読者が喫煙をはじめるきっかけになるという危惧はわかるが、それにしたって、日本禁煙学会の抗議はやり過ぎである。抗議文には、「ファ…

新型インフルエンザワクチンを打ったよ

職場で、新型インフルエンザワクチンを接種した。私自身は新型インフルエンザに罹患したとしても重症化するリスクは小さいと考えられるが、医療従事者として患者さんと接触することもあり感染を広げないためにである。それと、感染が拡大したときに罹患して…

開かない窓と狭いクローゼット

昔の総合病院の精神科病棟は、だいたい一階にあった。自殺企図の患者さんに飛び降り自殺をされないためである。ところが自殺を試みる患者さんは別に精神科に限らない。かつて、中庭にハリーコール(緊急のドクターコール)があって、行ってみたら飛び降りで…

ケロロ軍曹が地球人の弱点を見つけたようです

その辺に張ってあった日本肺癌学会のポスター。 地球人の弱点を 見つけたであります! 「ペコポン」じゃなく「ちきゅう」になっているところが惜しい。子供向けのポスターなのだろう。小学校の保健室に張られていそう。「黒い肺」については「極めて怪しい」…

喫煙所が目の前にあるのに

何度か入退院を繰り返している友人から聞いた話なのだが、病院の喫煙所が廃止されて施設内全面禁煙になるという噂が流れたとき、喫煙者の有志が吸殻拾いをやったとか。マナーの悪い喫煙者のせいで喫煙所が廃止されてはたまらんというのが動機。その甲斐があ…

病院に喫煙ルームはあっていい

私が勤務していた大学病院は、屋内は全面禁煙だった。喫煙所は屋外にあり、屋根はついているものの四方の一面だけにしか壁はなく、風を遮るものはない。冬はさぞ寒いだろう。また、雨天時には、傘をさすか濡れる覚悟がないと喫煙所にはたどりつけない。そば…

はてなダイエットで5kgの減量に成功した

約1年前にはじめた、■はてなダイエットの成果を報告する。要はグラフ化体重日記の緩いやつで、 最低でも1週間に一回は体重を測る。 はてなグラフに記録し、はてな日記のサイドバーで公表する。 更新をさぼっていることを指摘した人には1000円プレゼント。 こ…

魚紳さんが別人過ぎる件

「釣りキチ三平」の登場人物である鮎川魚紳は、主人公の三平三平のライバルでもあり、兄のような存在でもある。 平成の魚紳さん。イケメン*1 イケメンでスポーツマン。たびたび長期の釣り旅行をしたりして、何の仕事をしているかはいまいちよくわからないが…

つくし摘み

毎年恒例行事になっている、つくし摘みに出かけた。天候のせいなのか、時期のせいなのか、今年はたくさん採れた。 愛でて良し、食べて良し つくしが採れなかったときのために、網も用意していった。浅瀬を何気にすくってみたら、メダカをゲット。息子にさせ…

トーマスとヘンリーの恋の謎

びじうさんが、トーマスのおもちゃについての謎を提起されていた。 ■トーマスの玩具が地味に凄い件(びじうのログ) ご多分に漏れず、うちの息子もトーマスの玩具で遊ぶようになりました。しかし、1歳児が遊んでいるこの玩具が驚くべき機能を持っていて、悔…

健康保険証の裏がドナーカードになっていた

私は昔から脳死移植について賛成であり、ドナーカードも持ってたが、ずっと持ち歩いていたのでボロボロになっていた。 臓器提供意思表示カード 書き直したほうがいいかな、と思いつつ、面倒くさくてそのままになっていた。最近、健康保険被保険者証の裏に臓…